エステ利用での注意事項

32-07

さらにフェイシャルエステをする時にも注意が必要です。まず身体のケアを行うボディエステの場合ですが、もし医師の投薬を指示されている時や、病気やケガなどで通院をしている時、そして妊娠中といった時には、きっとエステの施術を受ける以前に、医師やサロンスタッフにその旨を正確に伝えるようにしてください。

例えばアトピー体質やアレルギー体質、他にもケロイド体質やひどい日焼けをした後といった皮膚が敏感な状態になっている時には、皮膚科専門医やスタッフに施術は可能か確認をとるようにしてください。ボディエステやフェイシャルエステなどなど、ただのみエステサロンと言いましても、様々な種類を挙げることが出来ますが、それではここでエステを利用する時に注意をするべきいくつかのポイントをご紹介させていただきます。

気軽に利用することの出来るエステサロンが最近になって増えてきていることから、定期的にエステサロンを利用しているという人もきっと多くいらっしゃることでしょう。エステで施術を受けてはいけないといったルールはありませんが、生理時の出血量がいつもよりも多くなってしまったり、効果が出にくいといったケースもあります。

また生理中の場合についても注意をしなければいけません。念の為、生理時にはサロンスタッフの人に確認をしておくことをオススメします。

エステを受けることで肌荒れを治療出来るかも、っと考えてしまうかもしれませんが、マッサージやパック敏感肌に使用してしまうと、逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。